採集

遠征採集201312(もりもり)

 ←omoの2013最終採集 →ダンゴウオ飼育中です
みなさん、こんにちは。もりもりです。

12月に入ってめっきり寒くなり、
シーズンオフの季節に突入してしまいましたが、
納得できないままシーズンを終えることがどうしても出来ずに
急遽、南の島に飛びました。

南の島に着いたら夏のような天気で、気温も25℃を超えていました。

もりもり(フィン)

■1日目(1カ所目&2カ所目)
どちらも珊瑚が壊滅状態でした。
こういう光景を目の当たりにすると悲しくなります。
ポツポツとスズメダイがいるくらいで、
チョウの姿はほとんど見当たりませんでした。
何とか見つけたミゾレとフウライ、ホンソメワケベラを採集。

■1日目(3カ所目)
ここの珊瑚は、再生中という感じの雰囲気でした。
でもチョウはほとんど発見できず、どんどん沖に向かって泳いで行きました。
そしてリーフエッジに着くと様子は一転。
珊瑚は微妙な感じなのですが、
チョウをはじめいろんな種類の魚がうじゃうじゃいます。

そんな中、ふと目の前に2m近いデカイ魚が。
サメでした。すごい勢いて深みに潜っていきましたが、
海中でサメに遭うのは初めてでしたし、
あまり近かったのでビビってしまいました。
それに何故かウミヘビがうじゃうじゃいて、
1時間くらいは集中できずに何度も後ろを振り返りながら潜っていました。

もりもり(うみへび)

しかし、さすがは南の島。
鮮やかな黄色い魚が見えたかと思うと、あこがれのフエヤッコでした。
うちださんが採集した写真は何度もブログで見ていたのですが、
自分にはあまり縁の無い魚だと思っていました。
とんでもなくドン深のところにいるので採れる気はしなかったのですが、
チャレンジすることにしました。

まずは、2〜3mの浅いところまで追い込みます。
でも、うまく追い込んでも、網さばきがド下手な自分は、
何度もBigチャンスを逃してしまいました。
結局、暗くなってきたので、急いでこの日はあがりました。
しかし、あまりに急ぎすぎたため、
片方のフィンと網を一本、海中に落としてきてしまいました。
暗くなった海で、必死に探しても見つからず。本当に泣きそうになりました。

■2日目
網とフィンを探すために早起きしました。
でも土砂降りです。全くテンションが上がりません。
海に着くとますます土砂降りです。
結局、1時間以上探しても見つけられなかったので、
あきらめることにしました。

網は予備のものがあったんですが、
フィンは片足だけでは、採れる気がしません。
でも、仕方なく昨日と同じリーフエッジに向かいました。
リーフエッジに着くと雨も上がり、晴れ間ものぞいてきました。

まずは、追い込みやすい地形を探して、
そのあたりにいるフエが近づいてくるのを狙いました。
すると、見慣れないチョウが。ミカドチョウチョウウオでした。
何度か失敗しましたが、追い込みが成功して無事にGET!
やっぱり初物はうれしいものです。

もりもり(ミカド)

次は本命のフエヤッコ採集をめざします。
深場に逃げないように、上に上に追い込みます。
浅場まで追い込むと、小さな隙間には入らずに逃げ回ります。
比較的大きな穴や窪みに逃げ込むので、そういう場所を選んで追い込めば
採りやすいということが分かってきました。
そしてついに窪みに追い込んで、ジタバタするフエをGET!
誰もいない広い海の真ん中で、
「ヨッシャー!」と大声を出してしまいました。

もりもり(フエ)
ちょっとデカかったけど、長い口と黄色の鮮やかさがたまりません。

天気はいいのですが、
次第に風が強まり、湖のように穏やかだった海が急に荒れてきました。
ウエットスーツの圧迫感と、究極の睡眠不足と、長時間の潜水と、波の揺れ。
もう、とんでもないくらいの吐き気をもよおしていましたが、
何とかもう1匹フエをお土産にしたかったので、頑張ることにしました。
すると、フエと仲良く珊瑚を突いているシチセンチョウチョウウオを発見。
このチョウチョウウオも憧れの魚でした。
シチセンは追い込もうとすると、すぐに小さな隙間でも隠れてしまいます。
逃げ回らないので、フエと違って狙いやすいです。
でも、採れそうな隙間に追い込んだ時に、予備の網の柄の継ぎ目が外れて、
仕方なく網1本で戦い、もうちょっとのところで逃げられました。残念。

ここで戦意喪失。
今シーズンはこれにて終了となりました。

帰りの空港で手荷物検査のときに、
「あまりにも水が多すぎる。これを手荷物として持ち込んでもいいのかを
航空会社の人に判断してもらいますから、お時間をいただきます。」
と、すんなり通過することが出来ず、待たされてしまいました。

しかし、航空会社の担当者が来て、
「横に振っても漏れないのなら大丈夫ですよ。水量の規定はありませんので」
とのことで、あっさりOKとなりました。

そして、無事に羽田空港に到着しましたが、
深夜にも関わらず、サークルメンバーのyunさんがお出迎えしてくれました。
ショボイお土産しかお渡しできなくて本当に申し訳なかったのですが、
こういう繋がりって嬉しいなーと思いました。

南の島は楽しかったけど、
今後は是非、仲間と一緒に行きたいですね。

とりあえず、来シーズンが始まるまでは、飼育を楽しみます!

もりもり(そば)




スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 飼育全般
もくじ  3kaku_s_L.png 採集
もくじ  3kaku_s_L.png 自作
もくじ  3kaku_s_L.png イベント
もくじ  3kaku_s_L.png その他・雑談
  • 【omoの2013最終採集】へ
  • 【ダンゴウオ飼育中です 】へ

~ Comment ~

ご苦労さまでした

フエとミカドはどちらもいいサイズですね!
ドン深でも仕留める腕前は流石です。
しかし、フィンと網は残念でしたね。

お疲れ様でした。

この時期でも、南の島は
別世界ですね!

ミカドってステキですね!
いつかは、出会ってみたいです(^^ゞ

飼育は難しいのかしら・・・。

ご苦労 ソバ!

そば!おいしそうですね

いやいや遠征ご苦労様でした。
やっぱり南の島いいですね。

そば!食べたいです。

うちださん

本当はもうちょっと小さなサイズがよかったのですが。
フィンはまた同じものを買おうと思っています。
使い慣れたものの方が安心です。

Yua-Bさん

やっぱり南の島はいいですね〜。
でも、あと半年はおあずけです。
ミカドはまだ強情にアサリをシカトしています。

omoさん

さすが、omoさん。
やっぱり、そばに食いついてくれました。
そば、食いに行きましょうよ。

お疲れ様でした。

ウミヘビがソバ居るのに引き返さないなんて度胸ありますね。
しかもソバに盛って食してしまうなんて!(@_@)

今季を締め括る素敵な獲物を採られて凄いですよ!
良い年を迎えられそうですね。^^

ところで、掌の上にウミヘビを乗せている写真がありませんが?(笑)

すごーい

しびれます。

かっこいいです。



いつかは私ももりもりさんのように採れるようになりたい。

Sakuさん

ですね。
せっかくウミヘビを掌に乗せたのに
写真を撮るのを忘れていました。
今度は忘れずに撮りますね。

大橋さん

何度も南の島に行くと採れるようになると思いますよ。
今度、是非、ご一緒しましょう!

初めまして

もりもりさん
初めまして。
新しくサークルに加入させて頂きます。浅野と申します。

ミカドにフエヤッコ、素晴らしいですね! 自分も来年は採集できるように頑張りたいと思います。
お会いできるのを楽しみにしています。 宜しくお願いします。

浅野さん、はじめまして!
コメントいただきありがとうございます!お会い出来るのを楽しみにしています。よろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【omoの2013最終採集】へ
  • 【ダンゴウオ飼育中です 】へ